ホーム製品情報キットで学ぶ!ARMチャレンジャー入門編
総合カタログ

以下カレンダーにて営業しています。商品の発送及びお問合せ対応は営業日のみとなります。

営業日カレンダー

クレジットカード

よく一緒に購入されている商品

セラミックヒータタイプはんだごて プレスト セラミックヒータタイプはんだごて
プレスト

型番:ADH_984-01
価格:2,500円(税別)

最も人気のある関連商品

キットで学ぶシリーズNo.7 ARMチャレンジャー入門編(テキスト) キットで学ぶ!シリーズNo.7 ARMチャレンジャー入門編(テキスト)
型番:AKE-1501T
価格:3,400円(税別)

キットで学ぶ!ARMチャレンジャー応用編 キットで学ぶ!シリーズNo.3 ARMチャレンジャー応用編
型番:AKE-1101S
価格:37,800円(税別)


※画像にマウスを合わせると拡大されます

求められる技術者になるために、学んで欲しいARMマイコン。

キットで学ぶ!ARMチャレンジャー入門編


型番:AKE-1501S / ISBN:978-4-903272-72-6

価格:¥19,800 (税別)

ご注文後、3日前後でお届けいたします。
お急ぎの場合はご相談ください。


製品の特長
Features

【旧・ARMチャレンジャー入門編のサンプルソース】

旧・ARMチャレンジャー入門編のサンプルソースは下記よりダウンロードできます。


【世界のデバイス市場で求められる技術力を!】


スマートフォン、PDA、パソコン周辺機器、携帯ゲーム機など、私たちの周りにある様々な機器に使われている「ARMマイコン」をご存知でしょうか?
32bit RISC CPUのARMは現在、世界で最も広く多く使用されているアーキテクチャと言えます。ARMの持つ優位性が、低消費電力を目指したモバイルデバイス開発にもたらす効果が大きいからです。小型軽量化・機能性能向上の競争が激化するデバイス市場において、ARMは更に重要な存在となることが予想されます。一方で、あまりに急速に需要の拡大するARMゆえに、その技術を備えた技術者の数が充分ではないというのも事実です。
その技術者育成が急がれている状況に対応すべく、アドウィンでは、ARMマイコン技術の習得を強くお勧めします。

【どんな教材なの?】


日本テキサス・インスツルメンツ社の評価ボードを組み込んだ実習キットに、弊社オリジナルのテキストが付属された「キットで学ぶ!ARMチャレンジャー入門編」は、ARMマイコン技術と知識の習得が無理なくできる画期的な教材です。

【日本テキサス・インスツルメンツ社と共同開発で実現、類のないARM学習教材】


日本テキサス・インスツルメンツ社よりご提供いただき、汎用性、接続性に優れコンパクトな同社製品「Tiva TM4C123GH6PM」を評価キットとして採用しています。
「Tiva」シリーズは幅広い製品群において互換性のあるコードを利用可能で、組み込み業界での優位性・実用性が認められる評価キットです。「キットで学ぶ!ARMチャレンジャー入門」では、その「Tiva TM4C123GH6PM」を中心に、アドウィン製「らくらく電子実験ボード エレモ」シリーズでも使用されている入出力ボードを組み合わせ、実習主体で学べる教材としました。組み込み技術者としての実践力・即戦力を身につけていただくのに最適です。

製品の仕様
Specification

【キットで学ぶ!ARMチャレンジャー入門編の仕様】


パッケージ内容
テキスト178ページオールカラー
TM4C123GH6PM 評価キット
エレモ プッシュスイッチ
エレモ ボリューム
エレモ LED
エレモ LCD 16文字×2行
エレモ DCモータ
ベースボード
準備していただくもの
パソコン(下記のスペックを満たすこと)
OS WindowsXP SP3,7,8,8.1
メモリ 2GB (推奨:4GB)
HD 2GB 以上の空き容量
モニタ 1024X768以上
プロセッサ 1.0GHz x86 以上
(推奨: Dual core x86)
ポート USB2.0
ネットワーク LAN に接続され
インターネットにつながること

【キット全体の構成】

TM4C123GH6PM マイコンボードの他、5つの入出力ボードでキットが構成されています。
TM4C123GH6PM マイコンボードを除く各種ボードは全て
「らくらく電子実験ボード エレモ」シリーズの入出力ボードと同じです。


【TM4C123GH6PM マイコンボード】

キットに含まれる「TM4C123GH6PM マイコンボード」の詳細です。


履修時間
Learning Time

【学習時間目安】


高機能化の進むARMは、その膨大な知識を一度に全て習得することは現実的ではありません。早く効率よく身につけるために「キットで学ぶ!ARMチャレンジャー入門編」をご利用ください。
下記に示した表は、カリキュラムの履修目安時間です。

STEP数 STEP名 学習時間
STEP 01 ARM とは 15分
STEP 02 課題実現までの流れ 10分
STEP 03 開発環境の構築 90分
STEP 04 プロジェクトの作成手順 60分
STEP 05 プロジェクトの実行手順 45分
STEP 06 LED 点灯 120分
STEP 07 キー入力で LED 点灯 120分
STEP 08 LED 点滅 割り込み 150分
STEP 09 A/D 変換 150分
STEP 10 PWM 制御 180分
STEP 11 LCD 表示 210分

このページのトップへ