ホーム製品情報機械保全(電気系保全作業)技能検定用練習盤
総合カタログ

以下カレンダーにて営業しています。商品の発送及びお問合せ対応は営業日のみとなります。

営業日カレンダー

クレジットカード

最も人気のある関連商品

シーケンストレーナーOne(実習キット本体) シーケンストレーナーOne(実習キット本体)
型番:AMS-1
価格:122,000円(税別)

機械保全2011年(機械系)実技試験対策CD 機械保全2013年(機械系)実技試験対策CD
型番:13CD-M2+1ME
価格:43,000円(税別)


※画像にマウスを合わせると拡大されます

機械保全電気系の技能検定練習盤にPLCなども付属したセット

機械保全(電気系保全作業)技能検定用練習盤


型番:AKE-1405

参考価格:¥130,000~198,000(税別)

納期(在庫無:2ヶ月 / 在庫有:1週間)
在庫数についてはこちらからお問合せください。


製品の特長
Features

【機械保全(電気系保全作業)技能試験とは】


<課題1>
指示された仕様に基づき、試験用盤にリレーとタイマを用いて配線作業を行い
回路を完成させた後、作動させる。

<課題2>
指示された有接点シーケンス回路の仕様に基づき、回路の変更を行う。
(ここまで60分)

<課題3>
与えられたリレー及びタイマを回路計(テスタ)及び試験用盤を用いて点検し
解答用紙に記入した後、有接点シーケンス回路を点検修復する。
(50分)


これ1台で、これらすべての課題に対応した実技練習ができます。
あなたはパソコンと工具類以外は何も用意する必要はありません。
もちろん練習後のPLC はそのまま検定試験会場に持ち込みできます。

製品の仕様
Specification

【機械保全(電気系保全作業)技能検定用練習盤】


仕様 / 機械保全(電気系保全作業)技能検定用練習盤
外形寸法 幅330×奥行300×高190(mm)
重量 5.1kg(標準仕様品装着時)
定格電圧 AC100V 50Hz/60Hz
制御電圧 DC24V

【キット全体の構成】


機械保全(電気系保全作業)技能検定用練習盤の構成部品
技能検定用練習盤本体
35mm×320mm DIN レール
4c 接点リレー/ タイマ用ソケット DYF14A×8
4c 接点電磁リレー MY4 DC24×4
4c 接点ソリッドステートタイマ H3Y-4 DC24 10s×4
表示ランプ(白色・黄色・緑色・赤色)
配線用端子台8P
モーメンタリプッシュスイッチ(黒・黄・緑・赤)
配線用端子台12P
サーキットプロテクタ AC100V/1A
パワーサプライ INPUT AC100-240V OUTPUT DC24V /0.65A
プログラマブルロジックコントローラ(PLC)
・Panasonic FP-X0 L14R DC24V 仕様
・Tr 出力2 点・リレー出力4 点・入力8 点
その他付属品
・PLC⇔パソコン間通信ケーブル
・PLC 用AC 電源ケーブル
・配線用ケーブル1 巻
・Y 形圧着端子×100 個
・不良品電磁リレー×5 種
・不良品タイマ×5 種
・練習用テキスト
・ポイント解説DVD

※上記はフルセットの内容です。

ラインナップ
Lineup

【機械保全 電気系保全作業】


基本セット

・技能検定用練習盤本体
・不良リレー&タイマセット

型番:AKE-1405-01
価格:130,000円(税別)


フルセット

・技能検定用練習盤本体
・PLC(Panasonic)
・不良リレー&タイマセット
・使用解説ムービー
・学習用テキスト(基本編)

型番:AKE-1405-02
価格:198,000円(税別)

履修時間
Learning Time

【学習時間目安】


技能検定用練習盤には以下の学習用副教材が付属しています。
下記に示した表は、カリキュラムの履修目安時間です。

有接点リレーシーケンスの基礎およびタイムチャートの読み方
第1章 シーケンス制御の基礎知識編
1.シーケンス制御とは
2.シーケンス図記号について
 電気用図記号とシーケンス文字記号
 押しボタンスイッチ
 表示ランプ
 電磁リレー
 電子タイマ
第2章 機械保全[電気系保全作業]技能検定用練習盤AKE-1405について
1.技能検定用練習盤AKE-1405の概要
 部品配置図と使用部品一覧
 AKE-1405の回路図
第3章 シーケンス図の書き方
1.有接点シーケンス図とは
2.タイムチャートとは~タイムチャートの書き方~
3.配線ケーブルの作成と配線作業
4.配線作業の実例と練習
5.1・2級技能試験でのプログラミング作業に必要な機材
第4章 リレーシーケンスの基礎実習
1.動作説明からシーケンス図を作成する練習
NOT回路
AND回路
OR回路
表示ランプ2つが同時に点灯する回路
自己保持回路①
自己保持を解除する機能付き回路
自己保持回路②
インターロック回路
電子タイマ回路①
電子タイマ回路②
電子タイマ回路③
2.シーケンス図からタイムチャートを作成する練習
課題①~③
3.タイムチャートからシーケンス図を作成する練習
課題①~⑦
4.シーケンス基礎実習課題の解答例
動作説明からシーケンス図作成
シーケンス図からタイムチャート作成
タイムチャートからシーケンス図作成
2 級、3 級用PLC による回路組立と仕様変更作業課題
第1章 実技試験課題の内容とは
1.実技試験要領書の事前確認
 注意事項
 受検者が持参する設備と工具
 試験会場で準備されている設備や資材
 支給材料
 試験盤の部品配置
2.1級・2級実技試験の概要
3.実技試験の流れと要点
 実技試験の準備は?
 課題1:PLC制御回路の組立てとプログラミング作業
 課題2:PLCによる仕様変更作業
 課題3:有接点シーケンス回路の点検と修復
4.実技試験の評価について
第2章 実技試験に必要な基礎知識
1.PLC(プログラマブルコントローラ)の基本構成
2.タイムチャートについて
3.PLCのシーケンス基本命令
4.PLCの基本プログラム回路
 ラダー図のスキャン順序
 基本的なラダー図とタイムチャート
5.有接点シーケンス回路
 基本タイムチャートとラダー図
 有接点シーケンス回路の異常診断の要領
6.配線作業について
 ケーブル作成・配線作業に必要な工具類
 配線用ケーブルの作成方法
第3章 実技試験練習問題
1.課題1・2 PLCによる回路組立および仕様変更作業
 練習問題1級
 練習問題2級
2.課題3 有接点シーケンス回路の点検・修復作業
 練習問題1級
 練習問題2級
3.実技試験練習問題の解答例
ケーブル作成、配線作業等の要点解説ムービーDVD
配線ケーブルの作成と配線作業
配線作業の実例と練習
基礎実習課題の回路動作
 NOT回路
 AND回路
 OR回路
 表示ランプ2つが同時に点灯する回路
 自己保持回路①
 自己保持を解除する機能付き回路
 自己保持回路②
 インターロック回路
 電子タイマ回路①
 電子タイマ回路②
 電子タイマ回路③
このページのトップへ